レティパルムのハーブエステ K.I.Sトリートメント技術
K-Kräuter(ハーブ・薬草)、I-Implant(入植)、S-System(システム)

   

K.I.Sトリートメント技術

レティパルムのハーブエステ、K.I.Sトリートメント技術は、ドイツ学会が認証しているハーブエステで、中世からあらゆる治療に用いられてきた自然栽培のハーブを最新技術と組み合わせた皮膚深部再生療法です。

レティパルムK.I.Sトリートメント技術は、小さな自然レシチン分子で蓄積されるナノサイズのエマルジョン(乳液化)をベースにしており、その大きさは直径30~60ナノメーターで構成されます。
そのため、従来の製品に比べてハーブの特殊成分が表皮に浸透しやすくなりました。ハーブのミクロ針刺激の効果を利用し、皮膚細胞の再生を加速させてハーブビタミン・ミネラル及び微粒顔相の導入効果を流動させて生物学的利用(本来備わっている機能)を向上させます。

ナノサイズエマルジョンは肌に浸透しやすいだけでなく、皮脂に溶けやすいという特徴があり、お客様の施術時の痛みを和らげます。
生物学的アンチエイジングの最大の効果と安全性を前提に開発致しました。

もともとハーブエステは『メスを使わない整形』と言われるくらい効果があり、世界中の女優やモデル、ミュージシャン等に密かに注目されてきました。

ケミカルピーリングのように強制的に皮膚のターンオーバーをさせる方法とは違い、もともと人間の持つ肌の再生能力をオーガニックハーブの力で再び活性化するエステです。ケミカルな酸や薬品を一切使用しないので、お肌の薄い方でもエステを受けることが出来ます。

また、他社との違いは1つ1つ密閉された使いきりのアンプルを使用するのでエステティシャンによる調合のムラが無く、かつ衛生的に施術を行うことが可能となりました。

皮膚は体全体を覆う臓器であり、お顔のケアだけでなく頭皮トラブルや傷跡、妊娠線などにも効果があります。

トリートメント(レギュラー)の流れ

1.マイルドクレンジングクリームでクレンジング後、ディープポアピュリフィアントを泡立てお肌を洗浄します。

2.サーマバイタルトナーでお肌に潤いを与えます。

3.KISハーブアンプル剤をよくふり、顔に塗布します。

4.ハーブ施術箇所に伸ばしマッサージを行います。額、片頬、反対側の頬、鼻、口周りから顎、首の順番でマッサージします。

5.残りのハーブを顔全体にパックするように塗布します。皮膚の薄い部分は弱めに入れ込んでいきますが、ナノサイズエマルジョンですので、従来の製品からすると痛みが軽く皮膚に浸透しやすくなりました。

6.サーマバイタルトナーで整肌し、湿らせたガーゼを貼り付けます。ペースト状に作ったサーマバイタルマスクを顔全体に塗り、15~20分放置後固まったマスクを顔全体塗顎からゆっくり剥がしていきます。再度サーマバイタルトナーで整肌し、ソフトパフォーマンスクリーム、カルミングアンダーカバー、サンプロテクションを塗布します。


スケジュール(レギュラー5日間の場合)
1.サロンで施術開始
肌の状態を徹底的に分析した後、KIS-ハーブアンプルでトリートメント開始。
マッサージとパックでハーブエマルジョンが皮膚から浸透します。
2.ホームケア
効果的にお肌をサポートする、5日間のホームケア化粧品をお持ち帰りいだだきます。
3.サロンで最終仕上げ
肌分析後、クレンジング、マッサージ、パックでアフターケアトリートメント。施術後は
シルクのようなお肌に。

施術例

レギュラーハーブトリートメントの施術と経過

レギュラーハーブトリートメントを動画でご紹介します。


期待できる効果
・しわや早期老化
・皮膚障害やニキビ
・毛穴の開きや黒ずみ
・皮脂嚢胞の角質化皮膚
・傷
・日焼け障害
・色素沈着や老人性色素班
・ボトックス治療後や顔面注射及びリフトアップ治療の前後

使用しているハーブ9種の主な効能

ヘラオオバコ・・・保湿・抗炎症、抗ガン作用
キンセンカ・・・女性ホルモン様作用
スギナ・・・代謝・血液循環の促進、コラーゲン生成
セージ・・・抗炎症作用
マシュマロ・・・・殺菌・抗炎症作用
ハマメリス・・・強い抗酸化作用、ニキビ・乾癬・湿疹抑制
コロハ・・・免疫力強化
メリッサ・・・強壮作用・抗アレルギー・皮脂分泌抑制
スピルリナ・・・放射物質の解毒・免疫機能構築・アトピー改善

よくある質問
KISトリートメントはピーリングですか?
KISトリートメントは一般的に言われる「ピーリング*」ではありません。100%オーガニックハーブの薬効を利用し、お肌の奥で新しい細胞が 生まれて古い角質が押し出され、自然に剥がれてくるものです。古い角質がない方や皮膚の薄い方は剥がれません。 剥離を目的にしているものでもありません。
*「ピーリング」はケミカル(化学合成)な「酸」の溶液で角質を溶かして強制的に剥がすものです。
2.何回くらい施術を受ければいいですか?
目的(ニキビ、しみ、アンチエイジング)や度合いによって個人差がありますが、おすすめしているのはレギュラーを年齢÷10回(30代なら3回)1月半から2ヶ月間隔を開けながら続けて受けることです。 その後は維持のために年に1~2回、またはソフトトリートメントを受けられると良いでしょう。
3.レギュラーとソフトの違いは?
5日間お化粧しないということが難しい方や、お肌がとても敏感な方、時間をかけてお肌の再生を好む方にはソフトトリートメントが 適しています。 その時によってレギュラーとソフトを交互に受けたり、合間に入れたりしても大丈夫です。 目的や個人によって違いがありますので、サロンの方とご相談ください。